JST お客様の旅行体験談

JST【トップページ】に戻る                    
<< モルディブ&ドバイ ハネムーン | main | 思い出に残るハワイ >>
2018.04.24 Tuesday

イエローナイフ&キューバーGREATアドベンチャー

3週間にわたるカナダ・キューバ観光を終え、予定通り金曜日夜に帰国しました。
 
イエローナイフでは3日共にオーロラを見ることができ、特に初日は頭上でオーロラの光が降り注ぐ(ダンシング)幻想的な光景を鑑賞できました。

 


予備日には現地でスノーモービル体験をし、快晴にも恵まれ、大変充実したイエローナイフ旅行になりました。

 

 


 
キューバのGアドベンチャーツアーは、16名参加で男性は5名。
カナダが大半で、英国、ドイツ、オーストラリア人とアジアからは私一人でした。

 


男性はパートナーと一緒の人ばかりだったので、ツアー中はずっと一人部屋でした。同部屋の人と飲もうと日本酒を持っていきましたが、毎日メンバーと夜半まで飲みに行っていたのでツアー中に日本酒の出番はなかったです。

 


 
ツアー中にサルサレッスンや、乗馬、スキューバダイビングを体験し、ハバナでは市内散策以外に、バレエ鑑賞、ジャズクラブ、キャバレーショウ、ピニャーレス渓谷観光もしました。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

ハバナ旧市街を終日観光していると、古い車から出る排気ガスと、崩壊寸前や取り壊し中の家等からの土埃で、喉を傷めることがあります。のどの弱い人はマスクをした方がいいです。

 


 
あと、キューバに限ったことではないですが、部屋にワンプッシュで虫除けするスプレーを持参しました。

蚊から感染するリスクがあるので暑い国に行くときは必要と思います。


文章では状況がうまく伝わらないですが、たいへん盛りだくさんの貴重な体験ができ、充実した旅になりました。
 
<出発前不安に思っていたこと>
*キューバでWIFIの通信がどれだけできるのか。
→公園等のWIFIスポットに行く必要があり、夜間は人数も多く通信速度が遅い。
地方都市の方が通信速度は速かった。


*WIFIカードの購入で長蛇の列に並ばなくてはいけないのか。
→WIFIカードは通信会社の窓口か、ダフ屋から買うことになるが、ハバナ旧市街の通信会社は長蛇の列。
サンホセ民芸品市場内にある窓口が人が少なくてよい。


*クレジットカードがほとんど使えない=現金をATMからキャッシングが必要だが、ATMは多くあるのか。
→地方都市でも思っていたよりもATMはあった。


*偽紙幣をつかまされることがないのか。
→ATMからキャッシングした紙幣は問題なかった。


*各種ショーの開催が夜遅くになるが、夜間の治安は大丈夫か。
→女性一人の場合は話が違うでしょうが、おじさん一人は問題なかった。
ただし現地で日本人が現金を取られたこともあるようなので、油断は禁物。


*インターネットを使用できなくて、自分の居場所がわかるのか。迷子いならないか。
→インターネットが使えなくても、GPS信号を拾って自分の居場所がわかるアプリを日本で設定し
使用したいエリアの地図も事前にダウンロードすることで、迷子にならなかった。
アプリは”MAPS.ME”
 
<海外バスツアー必携>
*日本の紹介ができるようにしておく。
キューバと日本の大きさ・人口比較。住んでいるエリアの特徴。
*夕食後に飲みに行くことがあると思うが、積極的に参加してコミュニケーションをとる。
*自分自身や家族の紹介ができるよう、スマホに写真を用意しておく。
 
<長期の旅に持っていくもの>
*小説や雑誌(ネット環境が悪い中で、自由時間に時間をつぶせる)
*洗濯(ピンチ)ハンガー
*サンダル、乾きの早いTシャツ
 
旅のアレンジをしていただき、ありがとうございました。
リフレッシュが必要になった時に、またスペシャルな旅に出たいと思います。その時はよろしくお願いします。
 

T.H様
 

コメント
コメントする








 
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Others
Mobile
qrcode
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM