JST お客様の旅行体験談

JST【トップページ】に戻る                    
2019.11.25 Monday

TOPEDECK European Getaway 【20日間】

夢のような20日間でした。

大学の夏休み、何か記憶に残るような面白い経験をしたいと思い参加しました。

約三週間のツアー、毎日が新しく、刺激的でとても充実していました。

ヨーロッパの歴史的な美しい街並み、カウベルのサウンドや緑いっぱいの大自然、各地の美味しい料理などそれぞれの国での思い出は忘れられません。

メンバーは、オーストラリア、アメリカ、メキシコ、カナダ、コロンビア、イギリスなど世界中から集まってきていて、それぞれの言語を教えあったり、ゲームをしたり夜は毎晩歌ったり踊ったり、皆ノリが良くフレンドリーで優しい人ばかり、オージーの朝から夜まで高いテンションには感動してしまいました笑

 


また、この旅は自分を見つめ直すきっかけにもなりました。帰ってきてからも、旅の写真を見返したり旅中に書いていた日記を読んだり、日々の原動力になっています。
最後まで丁寧にサポートしてくださった葉山さん、ありがとうございました!


<コレを持っていくのをおすすめします!>
• ヨーロッパのガイドブック
(バスに乗っている時間が長かったので、次の目的地に着くまでに読むことができました。)
• 綺麗めな服 (夜ご飯を食べに行ったり遊びに行く際やカジノなど)

 

A.Tさん(大学生)

2019.10.10 Thursday

【Gアドベンチャー】 カンボジア・オン・ア・シューストリング

カンボジアで一泊ホームステイをし、貴重な体験となりました。子供たちが可愛かったです。

 


カンボジアで面白かったキックボクシング体験

 


カンボジアで、いろいろ考えさせられた衝撃的だった、慰霊塔(ポルポト政権の大虐殺)

 

 


世界遺産「アンコールワット」

 

 


2時間船に乗って行った、リゾートアイランド「 ロン島」

 

 

 

 

 

 


ツアーで出会ったアイルランド人とニュージーランド人とカンボジア人のツアーガイドとの思い出の写真

 

 

 

 

 

 


早めに行ってタイも観光♪一日オプショナルツアーで有名観光地を周りました。

 


カンボジアで歴史に触れて、気になって最後ベトナムで立ち寄った戦争証跡博物館


旅がきっかけで知っておかなくてはいけない知らなかった事実を少し知って、興味をもつようになり、考えさせられる旅となりました。

 


職業柄、カンボジアツアーの前後のタイとベトナムで日系サロン巡り

楽しかった面白かった人との出会い

 

高橋さん

 

2019.09.10 Tuesday

【コンチキツアー】 ウエスタン・クエスト

とにかく「濃い」。そんな一週間でした。僕が参加したのはイギリス、ロンドンから始まりフランス、スペインと回る8日間のコース。

 


ヨーロッパを周遊するツアーと比べてこのツアーは日数も少なめで、訪問する国も3ヶ国と少なめ。一見物足りないと思うかもしれません。でも実際はそんなことありませんでした。
友達できるかななんて思いながら前日にはプレミーティングに参加。そこでいきなり壁にぶつかりました。なんとかなるだろうと思っていたら思っていた以上にほかの人の話す英語が速かったのです。そして英語の速さに翻弄されているうちに自分の頭が混乱してきたのか、何を話せばいいんだろう、どうやって話を広げればいいんだろうと思い始めその日はうまく周りの人と話すことができませんでした。このまま友達出来ずに終わるのかななんて思いました。それでも切り替えていくしかないと思い、ツアーが始まる翌日は朝から人を見つけるたびに話しかけに行きました。すると前日の不安は嘘のように払しょくされました。海外の人はみんなフレンドリーで初めましてだろうがなんだろうが話しかけてくれたらみんな笑顔で返してくれました。ツアー参加者は自分以外全員英語が第一言語。僕は唯一アジアから来た人でした。僕の英語は間違いなく参加者のなかで一番下手。それでも変な顔一つせず反応してくれたことが僕にとってはとてもうれしく、いつの間にかツアーを楽しんでいる自分がいました。相変わらず英語のスピードについていくのに精いっぱいではありましたがみんなと行動を共にし、観光地を巡ることが楽しく、英語のことはあまり気にしなくなりました。

 


今回のツアー参加者は50人いないくらい。その中で日本人、アジア人は自分一人。その中でいろいろな国の人と毎日朝から晩まで共にするなんて日本にいたらできません。普通の海外旅行や留学とも違います。こんな経験できる人はそうそういません。毎日経験することが新鮮すぎて終わってみればあっという間でしたが今までで一番濃い1週間だったと思います。

 

【持っていったほうがよかったもの】
現金。何人かでご飯を食べに行くときは大抵割り勘です。海外の人は容赦なく昼でもワインを飲むので昼でも2000円はあったほうがいいです。それプラス現金でしか使えない店があったり、ツアードライバーへのチップがあったりと何かと現金が必要です。かといってヨーロッパはスリも多いので現地で現金を下ろせるカードなどがあると便利です!

 

【これから行く人へのアドバイス】
とりあえず自分から話しかけること!留学とかボランティアとは違って自分の状況を理解してくれている人や、自分を必要としてくれているわけではないので、自分から行かないと1人になるので注意。

 

M.Y様(大学生)

 

2019.09.03 Tuesday

【コンチキツアー】 ヨーロピアン・マジック

地球上の様々な場所で、人種も国籍も違う、それぞれ異なる人生を歩んでいる人達が、9日間だけヨーロッパに集まって、一緒に旅行を楽しむという「奇跡」のような時間を過ごすことができ、私にとって一生忘れられない思い出になりました。ヨーロッパの絵画のような美しい風景、本場の味の美味しい料理、海外ならではのノリを楽しむことができ、更に世界中に友達を作ることができ、コンチキツアーに参加して、本当に良かったです!
私が参加した回は日本人が一人だけで最初は不安したが、ツアーのメンバーは多様性を好む人達ばかりなので、非常に歓迎してもらえました。
旅行から帰った今も、たとえ遠く離れたところに住んでいたとしても、あの素晴らしい思い出で繋がっていると思うと、元気が出てきます。
たくさんの出会い・学びに恵まれたこのツアーは本当にオススメです!

ジェイエスティ様の方でこの旅行を扱っていなかったら、コンチキツアーについて知ることはなかったと思います。インターネットで世界中の情報が瞬時に手に入るようになったとは言え、自分ひとりであれば、聞いたことのない海外の会社のツアーを見つけ出し、更にそれに参加することはまず考えられないと思います。コンチキツアーのような素晴らしいツアーを日本人に紹介し、私のようなごくごく普通の日本人に世界とつながる感動や、日常生活では決して経験できない異文化体験を提供していただいることは、本当にありがたいとことで、非常に素晴らしいお仕事だと思います。
大変お世話になりました。

 

【持っていった方がよかったもの】
日本のお菓子。車内での自己紹介の後に、配ったところ好評でした。
あらかじめ交換した外貨。ATMや両替所に寄っている時間があまりありませんでした。
 
【これから行く人へのアドバイス】
参加する回のフェイスブックのグループに参加しておくと、行く前から情報が得られます。
日本のことに興味を持ってくれる人が多いので、日本食やアニメについて少し知っておくと、話のネタに良いと思います。
また、逆に参加者の多いアメリカ、カナダ、オーストラリアなどで流行っている映画、音楽、主要な地名、有名な観光地について、
勉強しておくと相手が喜んでくれると思います。カラオケに行くことがあるかも知れないので、英語で歌える曲を準備していくと良いです。(カラオケは日本発祥だよね?と誘われるかも知れません)

〇 お気に入りの写真:

 


オーストリア・インスブルックの展望台から

 


スイス・ルツェルンのライオン前

 

 


フランス・パリのキャバレーショー(2)

 


フランス・ルーブル美術館で

 

H.N様

 

2018.09.28 Friday

【コンチキツアー】 ヨーロピアン・トレイル

ヨーロッパトレイル 23日間に参加し、ツアー前後の自由行動を含め、4週間滞在しました。ツアーには日本人が自分だけで最初は不安な部分もありましたが、一人であったからこそ日本に興味も持ってもらい沢山の友達ができ旅行を楽しめたと思います。

 

 

英語に触れる機会を持てるだけでなく、日本人だけでは行きづらいパブやディスコなど夜の街を楽しむことができることがcontikiの良さだと思います。最後別れるときは泣きながらハグをするほど仲良くなれ、今でもインスタなどのSNSで連絡を取っています。1人旅が不安な方は一度参加することをお勧めします。

 


今回の経験を活かし、今後は色々な地域への旅行を今後考えております。葉山様、最後まで色々とありがとうございました。

【持っていった方がよかったもの】
パスポート以外の身分証明書(学生証など)です。自分は持っておらず、あるホステルで部屋の鍵を借りられませんでした。
あとはメモ帳ですね。人の名前を書いたり、うまく言葉で説明できないときに絵をかいたりしていました。

【これから行く人へのアドバイス】
留学経験がなく英語が不安で悩んでいる方、安心してください(笑)
行ったら何とかなります。恥ずかしがらずに積極的に話しかければ、みんな耳を傾けてくれます。
お酒を飲む機会があれば積極的に参加してください。普段よりも話しかけやすいですよ。

 

S.O 様

 

2018.09.10 Monday

ベトナム オン ア シューストリング

ベトナムの6つの都市を約2週間かけて18人で縦断してきました。

 

 

移動はなんと夜行列車!ベトナムのローカルフードを食べ尽くし、海で泳いだり世界遺産を見に行ったり、可愛いランタンでいっぱいの街でショッピングしたり、時には熱く語り合って、最後の夜はみんなでフルーツ柄の服を着てパーティーをして夜遅くまで飲んで踊ってしました。

 

 

 

私のツアーはそのままラオスに行く人がほとんどだったのですが、みんなが別れを惜しんでくれてぎゅっと抱きしめてくれました。私のつたない英語にも耳を傾けてくれてたくさん助けてもらって、笑いあり涙ありの思い出ぎっしりの最高の2週間でした!
 
八手亦様

2018.05.01 Tuesday

【Gアドベンチャー】 カンボジア・オン・ア・シューストリング 【10日間】

一人で海外も心細いけど、日本人だけで交流というのもつまらないな…と思っていた矢先に見つけたこのツアー。
日本人は自分一人だけで、英語もままならなかったこともあり、和気あいあいと話をする他のメンバーに最初は気兼ねもありましたが…みんなで食事に行ったり、飲みに出かけたりするなかで徐々に打ち解けることができ、つたない英語でもコミュニケーションが図れ、冗談を言ったり、簡単な内容の話ができるようになりました。

 

 


ツアーリーダーの方も本当に親切な方で、時折日本語で話しかけてくれ、他のメンバーとのやりとりのきっかけを作ってくれたり、私の理解度を確認しながら進めていってくれたこともとても心強かったです。細かい話がわからなくても、元気なメンバーの笑い声に囲まれているだけで自分も楽しくなれました。
日本のツアーでは味わえない貴重な体験ができた10日間でした!!

 


<持っていくと便利なもの>


・ボールペンなど筆記用具
(国境越えの時に記入するカードを書く際、他のメンバーに貸したりとやりとりのツールになりました)
・ウェットティッシュ
(食事前後に食器や手を拭いたりするのに重宝しました)
・ポケットティッシュ
(紙のないトイレも多いのでこちらも重宝しました)
・乾きやすいちょっとおしゃれな服
(みんなとにかくおしゃれなので…現地で買っても良いと思います)


<これから参加される方へ>


英語が話せない分、表情や反応をわかりやすくするように心がけました。
相手の顔を見ながら会話に耳を傾けていると、知っている単語が入ってきて、徐々に耳が慣れて話の内容がわかってくることもあるので、皆がそうしてくれるように理解しようと話を聞くことも大切だと思います。
また、JSTスタッフの方からアドバイスをいただきましたが、出かける国の歴史を事前に知っておいたことで、ガイドさんの英語の説明もなんとなく理解ができる部分があったので、簡単な事前学習をしておくことをオススメします。
元気なメンバーも多いのでついつい消極的になりがちですが、話をしたい、楽しいことをしたいという気持ちを伝えていくことで、充実した旅になると思います!

 

K.Mさん

 

2018.03.23 Friday

【コンチキツアー】イースタン・ロッカー

正直、出発前はContikiツアーについて、「旅好きの若者が集まるツアー」という事くらいしか知りませんでした。外人の子達と一緒に遊べたらいいなあ、くらいの期待で参加しましたが、思っていた何百倍も楽しくて、本当に楽しくて、本当に本当に私にとってかけがえのない8日間でした。

 

 

みんなと夜通し飲み歩いたり、ショッピングしたり、色んな話をして、どんなに拙い日本人の英語でも一生懸命に気持ちを伝えることが大切なんだと実感しました。帰り際、寂しくなってContikiが終わってほしくなくて号泣してしまいました。(笑) みんなが順番にハグしてくれて、FacebookもInstagramもみんなからのコメントでいっぱいです。素敵な景色の写真や美味しいご飯や可愛い雑貨、それだけじゃなく、人との繋がりという最高のお土産を持って帰って来られました。

 

 

Contikiに参加してよかった!!!!その一言に尽きます!!!!!!上手く英語が話せなくても絶対に大丈夫だし、迷っている子がいたら、勇気を出して、絶対に参加して欲しいです(^_^)
Google英語翻訳を片手にツアーを楽しんでください!!

 

【これから行く人へのアドバイス】
翻訳用にWiFiはあった方がいいなって思いました。あと日本のお菓子!みんなに配ろう!!
ヨーロッパは街中にはWiFiがたくさんあるけれど、弱いところは本当に弱いので 電波の強い時にその日の行きたい観光地全てへのアクセスを調べてスクリーンショット!(笑)
なぜかGoogleマップの位置情報だけはオフラインでも反応するので、行きたい場所にお気に入りピンを挿しておけば 場所がわかりますよ(^_^)

 

 

Hさん(大学生)

2017.10.05 Thursday

【コンチキツアー】 ヨーロピアンディスカバリー

私は大学の夏休みを利用して、コンチキツアーのヨーロピアンディスカバリーに参加しました。

 


Contikiツアーは想像をはるかに超えるものでした。絵画のような美しい街を歩いたこと、ジェラートやマカロンなど各地のスイーツを満喫したこと、仲間とお酒を飲みながらディスコで踊りまくったことなど、たくさんの忘れられない思い出ができました!

 

 

コンチキツアーの魅力は、一人では行くのに勇気がいるような場所でも、頼もしくて愉快な仲間たちと一緒に行くことができるところにあると思います。そのおかげで、普通に旅行に行くよりもよりヨーロッパを楽しむことができました!
ヨーロッパの様々な場所に仲間と行った12日間は決して忘れることができません。

葉山さんをはじめとするJSTのスタッフさんのおかげで、コンチキツアーはもちろん、飛行機を乗り換える際に立ち寄ったバンコクや、ツアー前日に観光したロンドンも含めて、初の海外旅行を満喫することができました!本当にありがとうございました!


<持っていった方がよかったもの>
訪問する都市のガイドブックがあると重宝しました。ヨーロッパの主要観光地が一冊にまとめられたものであれば荷物にならないと思います。
ヨーロッパの主要な観光地ではセキュリティーチェックが厳しいです。大きなバックは持ち込めないこともありましたので、すぐに中身を見せることのできるくらいの小さいバックがあると便利です。

 

<これから行く人へのアドバイス>
正直なところ、英語を母国語とする仲間たちとのコミュニケーションは苦労することもありました。時には何を言っているか全くわからないこともしばしばありました笑。しかし、ツアーに参加している仲間たちは、英語をうまく扱えない私のことを常に気遣ってくれました。英語ができるに越したことはありませんが、できなくとも身振り手振りで気持ちを伝えることができます!旅を楽しもうという気持ちさえあれば、英語力は関係ありません。きっと、仲間たちと素敵な思い出を作ることができると思います!

 

 

S.K.さん (北海道大学)

 

2017.09.04 Monday

【コンチキツアー】 ウエスタンワンダー

ツアーでは本当に刺激的な出来事ばかりで今でも自分は本当にあの場所にいたのかと実感がわかないくらいです。
特にグランドキャニオンでは、目の前に広がる景色が信じられないくらい雄大で、受け止めきれない大自然と言うものに初めて出会いました。

 

 

また、多国籍ツアーいうことで多くの国の仲間と大変貴重な思い出を作ることができました。ブリティッシュイングリッシュでしゃべりまくる若いイギリス人達に少し腹が立ったり、公共の場でキスをしまくるドイツ人カップルに驚いたりという面白い経験もしました。(笑)

私が英語に不安な様子を見せていると優しく丁寧に言い直してくれた韓国人のお姉さんや、いつも寄り添って楽しさを共有してくれたフランス人の女の子。声をかけ、世話を焼いてくれたアメリカ人のツアーリーダー。国籍を超えて本当にその人たちが大好きだと思える関係を作ることができました。最初はぎこちなかったメンバー達が、最後の夜にキャンプファイヤーの炎を囲みながら語らえた瞬間、みんなでひとつになれた気がしました。そのときの思い出が本当に印象的です。
このような体験をさせていただき、本当にありがとうございました!

 

 

<持っていった方がいいもの>


ネックピロー(ツアーによりますが、車の移動が長い!寝るなら必須です!)
家族の写真(話のネタになります)
除菌シート(手を洗えない時があるので)

 

<これから行く人へのアドバイス>


英語が話せなくても大丈夫!話せるに越した事はありませんが、自分次第で、絶対に素晴らしい経験ができると思います!価値観を変えられるような思い出をぜひ作ってきてください!

 

M・Yさん
 

Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Others
Mobile
qrcode
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM