JST お客様の旅行体験談

JST【トップページ】に戻る                    
2016.12.05 Monday

はじめてのニュージーランド

ニュージーランドから無事に帰国することができました。
 
 
1.まず初めてニュージーランドで感動したのは、クイーンズタウン空港に降り立った時の景色でした。
日本では決して見ることのできない、山や空、湖の色合いを目にして外国に来たんだなと改めて思いました。空気も爽やかで早々に長旅の疲れを癒してくれました。
 
 
2.NZについて初めてのヒツジ。ゴンドラに乗っている時に崖沿いにいました。雑草対策をヒツジに協力してもらってるなんてさすがNZ。
 
 
3.クイーンズタウンにあった氷でできたBARで一杯。グラスも氷でできていて、飲んだ後は叩きつけて粉砕!ちょっと寒いけど、ストレス解消にぴったりです。

 


 
4.ミルフォードサウンドの通称若返りの滝。マイナスイオン全開で、観光客を10歳若返らせてくれます。
 
5.ミルフォードサウンド帰りに、虹が出ました。バスの中でも感動できるなんて、さすがNZ!

 


 
6.壮大な山々、マウントクックが中央奥に見えます。本当に雄大な自然の中で毎日心が潤います。
そろそろ日本に帰りたくなくなってきたころ(笑)

 

 


 
7.テカポの一枚。NZは山も湖もすごくきれい。よき羊飼いの教会は、素朴だけど決して他では感じることのできない暖かさがありました。写真は撮れなかったけど、星空も最高でした!

 

 


 
8.NZで発見した超絶美味なお菓子。クッキータイムのクッキー。NZ航空で配られます。たくさんお土産で買ったけど、あっという間になくなった。原宿でも売ってるみたいなので東京に行ったときには、購入必須!

 


 
9.オークランドでガイドさんに予約してもらったレストランのメニュー。全部英語で注文に苦労してたら日本語の話せるスタッフを呼んできてくれてたレストランに感謝。こういうことが度々ありました。NZは、優しい人でいっぱいです。
 
10.レストランでまさかのサプライズ!特別デザートが出てきました。ガイドさんがハネムーンって予約フォームに入れてたみたいです。

 


 
 
締め.NZは、とってもいい国でした。ツアー行程を組んでくれた鈴木さんにも感謝でいっぱいです。旅行で出会ったどの人も優しく素敵な人たちばかりで本当に楽しいハネムーンになりました!
 
神谷様ご夫妻

2016.01.29 Friday

ニュージーランド家族旅行

結婚一年目以来14年ぶりのNZ旅行でしたが、今回は家族でお世話になりました。物価がかなり高くなったような?フィッシングガイドのマリー&リネットも覚えてくれていたようで、今回初FLYの息子にもすばらしい魚を釣らせてもらえました。





次は次男に釣らせなければということで5年後また来いと言われています。

全員初体験のスカイダイビングは気持ちいいの一言。やってみるもんですね。お勧めできます。



JSTさんのプランは必要十分で、私の適当な英語でもなんとかなり存分に楽しんできました。
ただクリスマスには行かないほうがいいですね。ほぼ全ての店が閉まってます。
ありがとうございました。

今回は(も?)マリーにすごくよくしてもらいました。
ホストファミリーでもないのに、ムルパラ着の日の夕食はロッジの隣に泊まっていた方(マリーがその日にガイドしていた)とともに夕食に招待してもらい、前回は小学生?だった長男のランスが獲ってきた鹿をいただきました。
また、翌日釣り後にタウポに移動する前にはシャワーを使わせてもらい、ビール&ハンバーガーまで準備してもらってしまって、ほんとに申し訳ないくらいでした。
おかげでその後がすごく楽でしたね。
初夏なので当然といえば当然ですが、ウエイテッドorビードヘッドニンフが必須でしたね。DRYは基本ベストPONTかライズあるときのみでした。
Fishing&Huntingで前日に買っといてよかったですが、3人ではちょっと足りんかったですね。準備不足です。DRYは大量に持ってたんですけど。
2月からはシケーダだと言ってました。シケーダもやってみたいもんですね。



主井様ファミリー
2016.01.28 Thursday

ニュージーランド旅行手記

JST鰐部さん企画ニュージランド8日間(12/5〜12)の旅行に行ってきました。旅行に行くきっかけは、共通する趣味(中日ドラゴンズ)で知り合い、6月にナゴヤドームでプロ野球のシーズンオフにオーストラリア旅行を計画中と話をしたことから、ドラゴンズの話題と同じくらい熱く熱くニュージーランドの魅力を、強く薦められ鰐部企画に乗っかろうということにしました。

一ヶ月後に旅行日程(案)をいただいた、その日から私のニュージーランド旅行が始まりました。ニュージーランドのガイドブックを買い、日程にある地域をインターネットで調べ、疑問や要望に応えて快く聞いていただき情報を収集、11月中旬には地域別に分けた地図付きガイドブック(ファイル4冊)を作成しました。

出発日が近づくつれ、ニュージーランドの天気(予報では雨/くもり)と夫婦揃って英語が話せないことが不安に・・、そんな不安のまま、12/5(土)中部空港から成田へ、そして尾翼にシダのマークをつけたニュージランド航空に搭乗、10時間余りのフライト、時差4時間のオークランドには、翌6(日)の朝無事到着しました。





 オークランド空港では、最初の関門・・・日本から持ち込んだカップ麺、厳しいと聞いていた税関をどう切り抜けるか心臓がバクバク、「No Beef No Egg Japanese Noodle」とだけ話し、どうやら伝わったようで、そのまま笑顔で通してくれました。

クライストチャーチは、東北地方太平洋沖地震と同じ2011年に発生した地震で、今も人通りも少なく地震で崩れた建物が多くありましたが、観光用トラムが町の中を循環出来る様になり、早い復興を願うばかりです。


 
心配していた天気は、テカポに到着した時には青い空が広がって安心しましたが、目を疑ったのはミルキーブルーのテカポ湖の鮮やかさには本当に感動しました。マウントクックを離れる日まで天気は最高に良く、マウントジョン天文台からの天体ショー、マウントクックでのレッドターン/フッカーバレートレッキングを満喫。今にも降ってきそうな天の川や南十字星、ルピナスやマウントクックリリーを観ることができました。















今回の旅行では、素晴らし風景と星空を撮るために一眼レフとズームレンズを新調、旅行中シャッターを押し続け、2400枚余りの写真を撮りました。我が家の壁にはミルキーブルーのテカポ湖とプカキ湖、星空(天の川・南十字)、デストロイヤーの顔をしたマウントクックとフッカーバレー氷河湖、ルピナスやマウントクックリリーの写真を至る所に飾り付けました(笑)
 












旅行期間中の出来事では、クライストチャーチでバスが30分待っても来ずヒヤヒヤしたこと、マウントクックからの帰りのバスでは、トランク1つが行方不明になってハラハラしたことがありましたが、今思えば楽しい思い出話しに、そして話せなかった英語も、鰐部さんの段取りで現地日本語ガイドの方々や、日本人コック店を事前に予約していたこと、身振り手振りのカタコトの英語で乗り切ることが出来ました。

残念だったことは、オークランドでは行きも帰りも天気が悪く、展望台や港から見る景色が堪能出来なかったことと、英語がもう少し話せたら、いろんな事を知るチャンスが多くあったことです。次回はレンタカーに乗ってニュージーランドを周遊するためにも、英語を勉強しなければと思います。







最後になりましたが、細かいところまでプランを組み立てて頂いたJST鰐部さん、現地での日本語ガイドをして頂いた方に感謝します。有難うございました。

河邨様御夫妻