JST お客様の旅行体験談

JST【トップページ】に戻る                    
2018.10.01 Monday

スペイン・イビサ島

イビサは想像以上に最高でした。多分今まで行った中で一番かもしれません!
とにかくクラブ三昧の6日間の記録を送ります。

 

★1日目
バルセロナから、とうとう念願のイビサへ!この時18時くらい。テンションMAX!!!!ネットで書いてある通り空港に置いてあるフライヤーとか探すが・・・ない。あれ?全然見当たらない。ウロウロするも見つからないので、タクシーでホテルへ。サンアントニまではタクシーで約30分30ユーロ。
せっかくだし、どっかクラブ行こうぜ!と思っていたが、友人がいつの間にか爆睡。起床したが、もう今日は無理と言われてしまい近くのピザ屋でご飯食べて散策。カフェでさえも音楽ガンガンかかってて楽しい。雰囲気抜群なカフェで飲み。
2杯飲んだら眠くなってしまったので、その日はホテルで帰って就寝。


★2日目
その日はビーチに行こうとしたものの、午前中天気が微妙。また、友人がどうしても仕上げたい仕事がある!とのことで一人で再度街散策(笑)すぐ近くにPachaのオフィシャルサイトがあったので、iphoneケースなど購入。カワイイ〜!フリーのステッカーもあってもらってきました。
午後2時頃、友人の仕事も終わり、お腹も空いたので、サイトでもおすすめされている、パエリアの有名なcan salinasへ。お腹ペコペコだったので、タクシーで。運転手さんは店名伝えても分からなさそうだったので、地図見せたらあ〜OK,近くまで来たら教えてね(多分こう言ってたはず。)と。30分かからないくらい走って到着。記念撮影していた日本人とテーブルには外国人グループ3組がいました。
とりあえず有名なパスタのパエリアにビールをオーダー。ビールのグラスがキンキンに冷えてうまーい!途中隣のグループから辛いの平気?と聞かれて獅子唐のタパスを頂く。2個目に食べた獅子唐が当たりのようでめっちゃ辛かった!ぎゃー!となっていたら外国人達爆笑。中学生レベルの英語でしたが色々会話して、彼らは去って行きました。お待ちかねのパエリア。ドーン。でかい。
空腹もありましたが、今まで食べたスペインのご飯で一番美味しかったかも!(ちなみスペインは2回目)魚介の出汁がきいてる。

 

 

なんとか全部食べれました。ちなみに最初に出されたアーリオオーリオソースつけて食べたパンも超おいしかった。

帰りはせっかくなので、バスで帰ってみることに。グーグルマップで調べて来たらルート出てきたので、バスの時間まではバス停(お店から歩いてすぐ)目の前のスーパーで待機。そしたらびっくり時間通りに来た!グーグルマップを見せてOK?と聞いたらOKとのことでその場でお金を払って乗車。バス行動に自信がつきました(笑)
そのままイビザタウンの方へ。旧市街を散策。城?を目指して歩くも疲れて断念。降りて近くのカフェでモヒート。9月中旬のイビサは少し肌寒いものの風が気持ちいい〜。新市街なども散策して、夕方〜やっているUshuaiaへ!よーやくクラブ行けるということでウキウキ。こちらもバスへ。
ドアで買うと高そうなので、直前に近くのチケットショップで購入。10ユーロくらい違いました。この日はTomorrowlandのパーティーでDimitriVegasが来てました。(先月までだったらSteveAoki来てたらしくめっちゃ行きたかった・・・。)
20時頃にインしましたが、会場は超満員!せっかくだしビール飲むか。と思って買おうとしたら噂通り超高い!ハイネケンが13ユーロ(泣)コーラなんて10ユーロでしたよ。もう勢いで買って人ごみの中へ〜!バリバリのEDM!都度ドライアイスブシャー!紙吹雪バッサー!!花火ドーン!!!っていう感じでもはやフェスでした。チケット高いだけあるな〜と感心。最後はDJ陣が踊りまくってて笑えました。

 


Ushuaiaは0時終了なので、そのまま別のクラブへはしごする人多数ですが、昼過ぎから動いてたので、バスでホテルへ帰りました。楽しかった〜。


★3日目
朝に近くのスーパーへ。焼きたてのバケットやハム、アーリオオーリオソースを買って部屋で自家製サンドイッチを作ってみました。うっま!コーヒーとこれで十分。
この日もお天気微妙。ちょうど水曜日ということでヒッピーマーケットにバスで行ってみました。入り口すぐに有料でヒッピーになれるブースがあったりちょっと楽しそう。他にもたくさんかわいい品物がたくさん売ってましたが、割といいお値段するし(笑)ぐるっと回って退散。
近くのスーパーでビールとサンドイッチ買って腹ごしらえしながら近くをブラブラ。落ち着いた街並みで静かそう。ビーチもありました。
帰りのバスで日本人2人組に遭遇。聞いたら来た日にちやルートや宿泊地がほぼ一緒で、今日ある泡パも行くということで一緒に行くことにしました。

そして、3時頃amnesia到着。2人組はタオルなど駐車場の奥の茂みに隠してました。中は2フロアに分かれてて、エスプーマの会場はガラガラ。もう1つのフロアはVIBRAというラテン系のパーティーやってて超盛り上がってました。心なしか韓国人が多い気がしました。適当に盛り上がり、5時頃エスプーマのフロアが盛り上がって来て、水着のギャルが踊ったり、浮き輪が放り込まれたり。残念ながらパリスはいませんでした。そして5時半頃になって泡開始!!ブッシャー!!その時2階から見ていたので急いで下へ降りて飛び込みました!予想以上の泡、泡、泡(笑)楽しいと思っているつかの間、顔付近まで泡が来てやば!!と思ったが中々動けず、結構リアルに死にそう。って感じました(笑)急いで後方にある高台へ避難しましたが、一面泡だらけで笑えてきました。水も一緒に放水されており、1時間くらいしたら泡が消えて行きました。全身泡まみれでずぶ濡れ。気持ちいい〜!

 


 
ちなみに友達は履いてきたビーチサンダル片方なくしてました。私はサイトのアドバイス通り、めちゃくちゃ安いスニーカーに、捨てるつもりの服で参戦しました。スニーカーで大正解。足普通に踏まれます。あと、めちゃくちゃ抱きついて触ってくる外国人いてキモかったです。女性はご注意ください。
9月のスペインは晴れてなかったら肌寒いくらいで、朝方は普通に寒い。そして濡れているからもっと寒い!震えました。泡パにはほか日本人もいて、その方達がティッシュを大量に持っていたので、なんとか体ふけました。ありがたや・・・。なお、泡パ2回目らしいです。さすが。おまけにレンタカーで来ていたので、宿まで送ってくれました。本当に神様・・・。ありがとう!体を拭いたとしても、あのままディスコバス乗ってたら風邪ひいてたな〜。日本人同士で仲良くなり、そのまま宿近くで朝10時まで飲みました。楽しかった〜!


★4日目
起きたら夕方17時。めっちゃ寝ました。そして二日酔い(笑)この日の予定はPachaに行く予定だったので、暇だしイビザタウンへとりあえず向かいました。お腹もすいてきたので、友人リクエストでマックへ。オーダーの仕方が最新で、びっくり。てか、マックにビール売ってる!マックビールとか初めて見た。しかも日本のマックと違ってメニューもたくさんあって、そしてうまい!味全然違う〜と思って初めてマックに感動。Pachaまで時間があるので、プラヤデンボッサを散策。BoraBoraから音楽ガンガンかかってて若者たちがビーチで騒いでました。今回の目的の1つ、DavidGuetta!かわいいポーチくれました。やったー。チケットはネットで買って66ユーロでしたが、そこらへんのショップだと62ユーロでした。
中はすでに超満員。私たちはVIPルームへ行く階段で踊ることに。ちょうどその真横でダンサーたちが踊ったりして超迫力!もはやサーカスに近かったです。さすが金かかってる〜。3時くらいになってようやくGuetta登場。会場のテンションMAX!私たちもフロアに降りて踊りまくる。目の前に割とヨボヨボのおじいちゃんいてビビる(笑)さすが老舗クラブ。超楽しい!5時くらいになり、疲れてきたので、退散。イビサでGuetta拝めたとか本当いい思い出になりました。


★5日目
昼くらいに起きて、友人リクエストでホテル近くの中華食べに行ってきました。なぜかタイ料理もありました。友人はチャーハン。私はグリーンカレー。普通にうまかった!チャーハンも美味しかったらしいです。久々の米はやはりいい(タイ米だったけど)。
その後はホテルから歩いて15分くらいのOCEAN BEACH IBIZAのpool partyへ。ここマジで最高でした。音楽ガンガンかかっててる中、プールでお酒飲みながら踊ってダラダラして最高〜!天気も晴れてくれたので、気持ちよかった。浮き輪とかビーチボールなどもあって、3〜4人くらいが乗れる浮き輪マット(分かるかな)のようなものに乗っていたら、知らない外国人にひっくり返されずぶ濡れになり、寒くなったので、退散。
コインロッカーがあって荷物はそこに入れたが、結局軽く拭いて水着のまま歩いて帰ったので、荷物持ってこなくてもよかったな。更衣室っぽいところは見当たらず・・・探せばあったかな?サンアントニのビーチ・港沿いは水着のまま歩いてる人ばかりで、なんか湘南・ハワイのような、歩いてるだけで楽しい。
ホテル帰ってからは友人が寝てしまい、私はお腹が空いたので外を散策。ちょうど夕日の時間だったので、明日の予習がてらカフェデルマールへ。ホテルから歩いて10分くらいでした。人いっぱい〜雰囲気良さげですが、人が多すぎて中々chilloutできないんじゃないか?と思ったり。ブラブラしてホテル戻る途中に、タイ料理のテイクアウトのお店発見。7ユーロとちょっとしましたが、出来たて熱々の美味しいパッタイが食べれました。量もめっちゃあって食べきれず。。。その後は私も仮眠。起きたら友人が最後のクラブ行かない?ということで、Ushaia目の前にあるHi ibizaへ2時頃向かいました。
仲良くなった日本人2人組と合流。この日はGlitterboxというパーティーだったので、ギラギラの服を着てる人たちでたくさん。服とか普通の服で今回は来てしまったので、もっとコーディネートしてこればよかったかな、って後悔。
中は大小いくつかフロアがあって、色々音が楽しめました。少しDisco感漂うフロアがあって大体そこで踊ってました。5時くらいになり眠くなって来たので、日本人2組とバイバイし、ディズコバスで帰ろうとしたら、友人が「サイフがない!」と。え?うそでしょ?ちなみにその子のカバンには2人の共同サイフも入れていたが、まさかもそれない、と。エーーー!!一度クラブへ戻り事情を説明して、サイフが落ちてないか確認してもらうとない、と。また朝掃除するから明日来なさい、と言われてひとまず帰宅することに。私のお財布は無事でした。
そして、友人まさかのそのお財布に、カード2枚+全財産(ユーロ)を入れており、おまけに共同サイフにも全額入れていたので、その子は無一文に(笑)最低限と念押ししていたが、大丈夫っしょ、と思っていたらしく、ひどく落ち込んでいました。そらそーだ。幸い、旅行最終日くらいだったので、現金は共同サイフ分合わせて110ユーロくらい。まだマシかな。ホテル帰ってから友人はカード会社へ連絡だけして、この日は就寝。


★6日目
昼過ぎくらいに起床し、友人は警察に被害届をもらいに行くとのことで、私はビーチへ行くことに。友人やここのサイトでオススメされているカラコンテへ行くことに。バスで30分くらい1本で行けました。着いたらビーチ目の前にサンセットアシュラムが!ここも友人、サイト等オススメとのことで、サンセットじゃないけどお腹がペコペコだったので、ランチを食べることに。入ってみたら雰囲気すごくよかったです。メニューはたくさんありましたが、こちらでオススメされていたチキンカレーとビールをオーダー。25ユーロして結構いい値段でした(笑)味は・・・普通かな〜(笑)でも生ビールとカレーをこの雰囲気で食べてたら気持ちいい〜。
 


その後は、ビーチに降りてゴロゴロ。海はキレイでしたが、朝方雨が強く降っていたので、水がちょっと濁ってた。あと、私は海がかなりキレイな場所に住んでいるので、家の近くのがキレイだなと思った(笑)でも、東京とか都会からきた人たちはきっと感動すると思います。足だけつけてみましたが、冷たい〜!シーズンオフなのかな、泳いでる人も少なくて焼いてる人が多かったです。
周りはカップルや家族、友人ときている方ばかり。一人は寂しいし、夜はカフェデルマールを予約していたので、17時半くらいに退散。
ホテルに戻って19時半頃にカフェデルマールへ。最後の夜ということで、2人でchill(笑)友人が本当に幸せ、とつぶやいていてジーン。。夕日は一瞬で沈んでしまいました。寂しいー!
真横はカフェマンボーでしたが、Pachaのプレパーティーみたいなのがやっていて、めちゃ楽しかったです。ただでクラブ気分(笑)次の日はめちゃくちゃ朝が早いので、22時半には帰って、就寝。
ちなみに、カフェデルマール予約していきましたが、席は割と空いていたし(9月中旬だったからかな。たまたま?)予約しなくてもよかったかな〜って思いました。予約すると一定の金額を注文しないといけないし。カフェマンボーのが人がたくさん入っていた印象がありました。


●まとめ
・とにかく楽しすぎた!!時間が全く足りない!
・グーグルマップ最強。バス移動も余裕でした!(たまにここバス停?みたいな場所もありましたけど)
・予定はコロコロ変わっていく!絶対行きたい場所だけは打ち合わせした方がいいです。
・物価はバルセロナに比べてかなり高い。周遊するなら別の場所で買った方がいいです。
・タクシーは現金が良さげな印象です。
・お店自体は大体どこもクレジットカード OK.クラブのドリンクも買えます。(たまに10ユーロ以上じゃないとダメって言われたり)
 

西岡様

2018.09.18 Tuesday

amsterdam & brussell and more!6泊8日旅行記

ぎゅんぎゅんに想い出が詰まった旅のダイジェストです♪
 
【8月31日・day】
成田からKLMでスキポール空港へ。
 
15:10到着。スキポールには『I amsterudam』のモニュメントがあり、到着するなりテンションがあがりました!これアムテルダム国立美術館にあるものと同じモニュメントなのです。

 

 


  
スキポールはオランダ土産がたくさん揃っていて、ここで十分楽しめます。もっと見たいのを我慢して、まずはAmsterdam centrallへ、ICで向かいました。約20分で到着。
 
中央駅もお店が充実!中でもダッチデザインをそろえた『I amsterdam store』は面白可愛い雑貨がいっぱいで見ごたえあります。ゴーダチーズもデルフト焼もミッフィーもだいたい揃っています。
ここでもゆっくり見たいのですが、それは帰りに取っておくとして、まず荷物を置きにホテルへ。
泊まったホテルは駅から歩いて5分の所にある『Inntel hotel』

 


 
立地もよく、内装もモダンでかっこよくて、アメニティもよかったです。フロントの青年johnにはほんとによくしてもらえました!
 
アムス最初に向かったのは美術館。
行きたい美術館は金曜日は20時までと22時まで空いていたので、到着するやいなや直ぐに出発。時間を無駄にしたくなかったせっかち夫婦です。ホテルで『GVB 24h card』を購入し、トラムで出発。【Rijksmuseum】で降りて到着した場所はuseumplain』。4つの美術館がそろう広場です。

 


  
とても気持ちい場所です。ここには『国立美術館』『ファンゴッホ美術館』『市立美術館』『MOCO』のそうそうたるメンバーが揃っています。私たちは、『MOCO』と『市立美術館』に行きました。

 


 
ここには謎に包まれたストリートアート『Banksy』アメリカのポップアート『Roy Lichtenstein』グラフィックアート『KAWS』が集合!圧巻です!ほんとに驚き!いけてよかったです!Banksy作品がこんなに一堂に揃ってみれるとは。。。shopも感激の品ぞろえでした。

次は『アムステルダム市立美術館』。ここのトートバックが何故か有名になりました。€6.5のものが¥4500で日本で売っています。通称『バスタブ美術館』といわれ旧建物と新建築がくっついて建てられているのです。展示作品は現代アート作品。不可解なモノも合ったりとても楽しかたです。
  
市内のショップはほとんど18時で閉まるので、お目当ての施設がこんなに遅くまでopenしていてラッキーでした。時間を有効に使えました。(行くなら金曜日に行ってshoppingの後に美術館にくるのがおススメです)

 

【9月1日・day】


本日は風車群の景色を見にKinderdijkへ向かいます。
世界遺産になっているこの地域は、観光地化されすぎてないありのままが見れる場所としてどうしても行きたかった場所なのです。

ICでRotterdamまで移動。そこからトラムでキンデルダイク行きウォーターバス乗り場【willemskade】まで行き、202番の船に乗っていきました。※近い時間で行先の違うウォーターバスが行き来するのでほんとに注意です!私たちはまんまと間違えました。
 


 

Jpop好きの女の子と話したりなんだかんだ有りようやく到着!雄大な景色に癒されました。
 


 
この景色はここでしか見れません。雲の形も絵になって美しいと連呼しました。
 
 


小一時間過ごし、再びロッテルダムへ。
ここは近代建築の宝箱!いたるところにいろんな建物があり、建築士の方がツアーを組んだりするそうです。
 
 

 

 

 

 『クンストハル美術館』『キューブハウス』に『ブラーク駅』に『観覧車』そしてロッテルダム駅 
ここに来たからには、是非立ち寄りたい『マルクトハル』にも行ってきました。


 


いっぱい食べたいけどちょこっとずつというのがないので、吟味して食べてください。
本日もたくさん巡ったので、ほくほくのままホテルへ。

 

【9月2日・day】
この日は一日amsterdam市内を散策する日にしました。
行きたいショップをたくさんチェックしてあるので、とりあえずかたっぱしから巡りました。
 


 

 

 


 
市内は小さいけど小道がたくさんあり運河で区切られているので意外とたくさん歩きます。
 
本当は、朝は計画していた最大級の蚤の市『アイハーレンの蚤の市』に行く予定だったのですが、開催日は翌週にずれていたらしく行けなかったのです。毎週日曜日に開催されてる『ニューマルクトの蚤の市』に行ってきました。
このあたりの蚤の市は、決まって地元の画家さんがいて、個性的な絵を売っているので、私たちは想い出に買ってきました。
 
だいたい10店舗くらい巡ったでしょうか。。お目当てのオランダブランドのヴァンムーフという自転車屋さんまで行けなかったのが残念でしたが、amusterdamらしいオシャレで個性的なショップがいっぱいで、ファッション好きな方はほんとに好きな街だと思います。普通に歩いてる人も高身長でかっこいいし。みんな優しいしたくさんお喋りしてくれます。
 
すぐに馴染むことが出来るのがこの街のあたたかさなのでしょうか。また戻りたい。。

 

 
【9月3日・day】
本日アムス最終日。時間が足りない。
最後にお目当てのダッチバイクのレンタサイクルで、街巡りをしました。日本で調べ上げたレンタサイクル。ここには旦那さんの憧れのダッチバイクを貸してくれるそうなのです。向かったのは中央駅東部にある『starbike』
 


 
この満面の笑み。。これだけでも来たかいありました。
 
自転車道路を上手に進むのは苦労しましたが、1時間もすると慣れてすいすい進んでまた近代建築を巡りました。中央駅東部にあるジャワ島やボルネオ島という名称がついてる住宅地。最近注目を浴びてる面白建築住宅街です。

 

 



 
窓が飛び出ちゃったり、積み木のように建物がひねって積みあがったり、くりぬいちゃったり、丸ごと円形の住宅だったり。。この橋はアナコンダ橋と呼ばれているそうです。なんとも興味深い場所でした。あっという間に3時間はすぎ、移動時間になりました。興奮冷めやまぬ中、特急タリスに乗りブリュッセルに向かいました。
 
 
降りた先は、Bruxelles-Midi 南駅です。さまざまな交通のHabstationみたいな駅らしく、帰国はここのエールフランスTGVを経由して帰る予定です。
 
降りた時から、暗ーくなんだか怖い印象で、歩く人々も中近東系が多く黒人さんばかりでした。泊まるホテルは駅に直結しているホテルなのでよかったのですが、ホテルの前にも浮浪者が何人もたむろしてました。
アムスからの華やかで活気ある温度差が大きくて、結構ショックでした。
※後から分かったのですが、ベルギーは移民が多くしかもこの南部の地域はその方が集まっていて、それぞれが理解し合いながら暮らしている地域だそうです。
 
ブリュッセルの中心、世界一美しい広場の【グランプラス】はここからプレメトロい3駅のところにある【bourse】で降ります。早速MOBIBカードを購入して回数券をチャージして向かいました。駅の名前はフランス読みと英語読み?の2つ書いてあり最初すごく迷いましたっ。でもジーっと路線図を見てると大抵親切に「どこに行きたいの?」と聞いてくれてほんとに親切にしてもらえました!
 
グランプラスに到着したのは日が暮れる手前。。
 

 


黄金に輝くギルドハウスが見れました。周りのスーベニアショップはだいたい21時〜22時くらいまで空いていて夕食前にもチョコレート食べ歩きしたり楽しく過ごせました。ガレ―・レオ二ダス・コルネ・ダンドワ・ノイハウス(1800年代から続く老舗で日本未入荷です)などなど・・・有名な「シェ・レオン」はこの周囲にあります。
 
ちょっとわき道を入ったところにある「ギャラリー・サンチュベール」も必見です。   
 


 
夕食を食べて(Roued'Orのヒレが絶品でした!)明日に備えて帰宅しました。帰りの夜。メトロの【bourse】駅構内の怖さは一度、体感して欲しいです。。。薄暗くて、落書きいっぱいで、ぼろくて。。(※この時は修繕してました)

 

【9月4日・day】
AM8:30  この日はBruggeへICで向かいまいた。実はこの時、3年に1度の 『 Triennale Brugge 2018』が開催されていたのです!
 


 
本当はアントワープを丸一日にしたかったのですが、これは見たい!と1日に2つの都市を渡り歩く強行計画にしました。
 
1600年いや、もっと古くから存在する建造物が厳かに並ぶ『古都Brugge』。世界遺産にもなっていてとても美しい街並みが続きます。小さな橋や扉や窓がありとてもメルヘンでロマンティック。
 

 
そんなヨーロッパらしい景色の中に、アートが融合するのです。 
 


 
 スペインの建築家『セルがスカーノ』のインスタレーション。廃材でできたクジラのモニュメントとセルガスカーノは圧巻でした!
 
ここでは、おいしいワッフルを食べて(ほんとにおいしかった!後からブリュッセルで食べたモノよりずっと美味しくて忘れられません)
行きたかった『Bubbles at Home』のシャネルの香りの石鹸を購入したり、絵描きさんの絵を購入したり、街並みを散策したり。。3.5時間ほどの滞在でしたが十分楽しめました。(欲をいえばもっとゆっくり見たかったですが。。)
 
次にICでAntwerpenへ。。ダイレクトで1時間ほど。
Antwerpen-centralまでは、いくつかAntwerpenと名の付く駅があって迷いましたが、『世界一美しい駅に行きたいのかい?それならcentralで降りるんだよっ』と粋な方に親切に教えてもらいました。ほんとにみんな優しい。。
到着して、圧倒‼︎まるで美術館です‼︎

 

 


 
偶然にも工藤静香さんがいて、何か撮影をしてました。すごい出来上がりが気になります。。
アントワープは、好きなブランドの聖地でもあり、一度は訪れたかったのです。ほんとに忘れられない場所になりました。
 
お店巡りをし、ちゃんと観光もしました。

 

『ノートルダム大聖堂』

 

『ブラボーの像』

 

『ネロとパトラッシュのモニュメント』

 

 


そして、夕食は大聖堂の真下で、アントワープシチューを食べました。これがまた絶品です!
 

 

だいたいどのshopも18:30には閉まるので、それを見越して巡りましたよ。どこも早めに閉まります。
 
そして帰りは、ライトアップしたアントワープ駅を堪能して、BrussellMidiまで帰宅しました。
 

【9月5日・day】
 
この日はbrussell1日街歩きの日にしました。まず朝はmidi駅近くの『ジュ・ド・バル広場』の蚤の市へ。
ここは毎日開催されてるそうです。完全な蚤の市なので軍手をはめて探している人もいました。私達は古いモノ慣れっこなので、ガンガン進んで物色。。ショップのおじさんたちはあまり英語が話せない人が多いのですが、取り敢えず€10って言っとけみたいな所があるので、ちゃんと見合った交渉をすれば値切ってくれます。
 

 


  
このプジョーの自転車はなんと€15でしたっ ばらしてでも持って帰りたいと旦那さんは言っていましたが、断念しました。
vintage家具やブロカントがお好きな方にはたまらないところです。私はリモージュのアクセサリーケースと、ラグを買って帰りました。
 
そしてmidi駅に戻り、ブリュッセルの街並みをふらふら散策しました。
ブリュッセルはストリートアートがいっぱいです!メトロの線路わきにもびっしりです。
 
 


もっとたくさん撮り貯めたので、後で見返すのが楽しみです!
 
昼間の『グランプラス』は人でいっぱいでした。この日から、ベルギービールフェアを始めるらしくセッセと屋台を組んでました。
ギルドハウスの星の館の脇にある、『セルクラースの像』は幸運になれるという事で私もあやかりに行きました。

 

 
 
もちろん小便小僧のジュリアン君にも逢いに行きました。グランプラスからすぐ近くです。
この日は北から南までトラムで渡り歩いたので、早めに帰宅しました。
早めにホテルに戻り、写真を見返す時間も楽しいものです。
 
【9月6日・day・Lastday!】 
 
もう最終日を迎えてしまいました。JSTの鈴木さんに現地でたくさん時間を取れるフライト時間にして欲しいという要望を伝えていて、見事叶えてくださったので、帰りはシャルルドゴール空港から23:20発のフライトで帰国です。
そういった要望も叶えられるのはJSTさんならではだと思います。本当にありがとうございます!
 
それで最終日はbrussell-Midi出発が16時30分くらいなので(しかもホテルが駅直結です)それまで美術館に行くことにしました。
 
向かった先は『芸術の丘』モン・デ・ザール。ブリュッセル中央駅から徒歩5分です。
 


小高い丘の上にあるこの場所はブリュッセルの中でも美しい景観が楽しめます。王立図書館、王立美術館、楽器博物館が連なる中に、目的の美術館があります。『ルネ・マグリッド美術館』です。シュルレアリズムの巨匠マグリッドの作品が200点以上展示してある美術館。ブリュッセルはマグリッドさんの故郷でもあります。
 

 
ほんとうに訪れたかった場所なので嬉しかったです!見終わる頃には、周りの日常の風景がなんか違った見え方になり、あの木々は本当は鳥で出来ているのではないか!なんて変な現象になりました。
 
しばらく滞在して、芸術の丘を散策し、shopping楽しみ、ホテルに戻りました。
 
そしてホテルに戻り、荷物を持ってmidi駅のエールフランスカウンターに向かいチェックイン。荷物もここですべて預けます。荷物は機内手荷物のみです。ここでエールフランスのチェックインが済んでしまうので、シャルルドゴールに着いたらスルーチェックインできます。なんて楽!
 
約2時間でシャルルドゴールに着き、ディタックスを行い、免税店でお買い物をしご飯を食べのんびり過ごしました。
 
Bey Bey Belgium & Netherland !
 
ほんとにほんとにすべてがハプニングで、魅力的で、刺激のある旅になりました!自分たちでたくさんの交通手段でさまざまな場所に行けたのも、現地の方と沢山触れ合えたのもこの旅行企画があったからです。次はイギリスへ。。。その時はまたお世話になりたいと思います。
 
本当にJST鈴木さんには感謝いたします。
ありがとうございました!

 

市川様ご夫妻
 

 

2018.09.10 Monday

イタリア&フランス ハネムーン

本場のピザとパスタは日本では食べられない様な美味しさで、ボリュームも満点だったのて食べ過ぎてしまいました。
フランスはさようならもフランス語で行ったら、現地の人しか居ないようなお店の店員さんも笑顔が見えたので、フランス語講座して頂けて良かったです!
イタリアは皆素直な人柄でサービス精神は溢れてる印象でした! 

 

【オススメしていただいたフィレンツェのミケランジェロ広場からの街並み】

 

【ヴェネチアのリアルト橋からの夜景】

 

【エッフェル塔と私たち】
  
〜ぷち・アンケート〜


,肝更圓魴弉茵⇒縮鵑垢訌阿砲匹鵑覆海箸杷困鵑任い泙靴燭?
 
長期的な旅かつ新婚旅行だったので、いかに効率的に楽しくまわれるかで悩みました。ネットの情報も多いけど、自分でうまくまとめないと何度も調べなきゃいけなくなるので、もしJSTさんを選ばなければ、働きながら結婚式の準備をしながらでは大変だった思います。


△い蹐い蹐蔑更垈饉劼ある中で、何が決め手となってお申し込みをされましたか?
 
ツアーだとがちがちに時間が拘束されるが、かといって航空券+ホテルだけとっても全日自分達でスケジュール組み立てるのも時間がかかるので、その中間でうまく組み立ててくださるJSTさんが魅力的でした。しかも穴場なお店や観光地など、雑誌にもなかなか載ってないコースで紹介してくださって、最高の想い出になる旅行ができました!
ここは行かなくても大丈夫とかも教えてくださって、そこも良かったです。
本当にありがとうごさまいました!!

 

【常盤貴子が旅するフランスで紹介していた鴨料理のお店】

 

【オススメしていただいたエスカルゴが食べられるリーズナブルなシャルティエ】

 

【ルーブル美術館から歩いていけるアンジェリーナというケーキのお店】

 

藤村様ご夫妻

2018.06.18 Monday

ドイツ・パリ・ヘルシンキ 女子旅

ドイツ・パリ・ヘルシンキ、お天気にも恵まれて素敵な一生の思い出に残る旅になりました。

初日のホテルへのメッセージありがとうございました。
織田さんのおかげで緊張感がありましたが、ホッとすることができました。

ノイシュヴァンシュタイン城も感激の一言。
ローテンブルクも無事行けて、外国でもやっていけるかも?と変な自信になりました!(笑)
パリは1日3万歩以上歩いて、地下鉄を乗りこなし、足が棒になりながら各所を巡ることができました!

 


稲垣は2回目のパリで、思い出の場所にまた行けた事も良かったし、以前できなかった事を沢山経験できて本当に良かったです!!
事前に教えてもらって目星をつけてたお店やリサーチしてったお店に全部行けました!!

 


観光地も事前に作った工程表通りすべて回りきれました!
語りきれない(笑)
また伺いますので、お時間あったら旅の思い出を聞いてください。

また、出発日から驚きでした。
出発早々から、藤本がムービー撮影をするので、すっぴんだけど思い出になるからいいかとやる気0の緩々状態で撮影しながら搭乗手続きに向かいましたが。。。
まさかpriorityで搭乗できるなんて思ってもなくて感動しました。
内緒で手配いただいてありがとうございました。
こんな嬉しいサプライズは初めてでした。

大満足の旅でした!!
ありがとうございました!

 

 

気づいたこと
 
【共通事項】
    以下があると+だった点とやって良かった点。
     ※旅慣れてる方には不要な情報かも。
    .好螢奪兒参必須(3カ国とも部屋常備なし)
    空港免税手続き場所のリサーチ
    拭き取り化粧水シート(水が合わず肌が荒れる)
    ぅ魯鵐ーを追加でもって行く
    サ拌時間等の疲れケアグッツ
    自撮り棒は禁止場所もあるが、建物内以外は規制がなくあると便利
    飛行機以外でお絞りは無し。ウェットティッシュが大活躍。
    EU内は結局どこ空港の免税店もほぼ同じだから時間あるときに買うのが◎
   パラパラ雨が多いから折り畳み傘常備必須

 

【ドイツ】
    ●mybustourでいったノイシュバンシュタイン城の近くのlislGALERIAという免税店に、ノイシュバンシュタイン城限定のFEILERのハンカチがあって良かった!
    ●Der weihnacht sladenというクリスマスツリーの飾りやさんの対応が◎、
    日本での対応や日本人の問い合わせデスクまで案内してくれる
    ●BIRKENSTOCKの靴 安い!ローテンブルクのお店の品揃え良い。
    ●テイクアウトの朝食はコーヒーまでつけてくれて言って◎
    ●ラーツケラーのカツレツが美味しかった
    ●ホーフブロイハウスは着席案内がないから自分で勝手に座るっていう情報があると◎
    ●各観光地でピッチのような音声案内を配ってくれたが、耳に当ててると手が痛くなるのでイヤホンがあると良い。普通のイヤホンジャックは刺さる
    ●ローテンブルク行きの特急はコンセントがあるから、充電器と形状変換器をもってけば充電できる

 

 

 

【フランス】
   ●エッフェル塔は昼と夜(21時でも明るかったけど)2回見に行きました
       凱旋門の上から見ましたが、1時間に1回キラキラ光るのが綺麗
   ●パリのリヨン駅中にあるLE TRAIN BLUE は内装が素敵で、今回は予約なしで入れました!19時から夜開店で、18時30分ごろいって待ってたらすんなり入れました!
  ●ベルサイユ宮殿までの行き方で、乗換案内で調べても出てこなかった直交列車があって便利だった
  ●ホテルの前にあったpizzaFIRENZEというお店がおいしいし、日本好きな店員さんがいて◎

 


       
【ヘルシンキ】
    ●スーパーのSマーケットはお菓子とかが安い
       Kマーケットはお土産品になる雑貨や箱菓子が多かった
   ●眩しいから絶対にサングラス必須
   ●marimekkoのお店は女の子ならみんな行くと思うのですが、お店によってノベルティくれるくれないがあるので、事前に調べるか全店下見してからいくと良い。(近いから)

 

 

稲垣様・藤本様

2018.06.07 Thursday

クロアチア&イタリア新婚旅行

先日旅行から戻って参りました(^0^)
2人での海外旅行は初めてであったので、少々心配ではありましたが、旅行先でのトラブルもなく無事に楽しむ事ができました。
 
2泊3日のツアー参加も楽しく、ツアーの途中参加という斬新なプランの提案をありがとうございました!
ツアーの参加は3日ほどでちょうど良かったね!と2人で話しており、私たちにぴったりでした♩
 
どこの景色も本当に本当に綺麗で、たくさんの写真と思い出ができました!

 

 


少しですが写真送らせて頂きます^^
 
ポストカードも無事に届いたようで良かったです♩
飾って頂きありがとうございます!

 

 

 


 
いつになるかは分かりませんが、また海外旅行に行く際には、浅菜さんにお願いしたいと思っていますので、よろしくお願いします(^ω^)

 

中根様ご夫妻
 

2018.06.07 Thursday

イタリア&ギリシャ・サントリーニ島新婚旅行

この度は大変お世話になりました。行きたいところたっぷりの旅行で大満足、一生の思い出になりました。

 

 〜プチ・アンケート〜
  
[更圓魴弉茵⇒縮鵑垢訌阿砲匹鵑覆海箸杷困鵑任い泙靴燭?
・費用
・希望の場所(国)に行けるか
・添乗員さんがいないので、トラブルなく旅行ができるかどうか、また、言葉が通じるかどうか
(⇒イタリア語、ギリシャ語はほとんど話さず、つなたい英語でなんとかなりました)。
・サントリーニ島にガイドブックがないこと(⇒なくて問題なかったですが…)
 
いろいろな旅行会社がある中で、何が決め手となってお申し込みをされましたか?
オーダーメイドツアーが組めること。
妻がサントリーニ島にずっと行きたいと言っており、他の旅行会社ではプランがなく、偶然 、貴社を発見しました。他にもオーダーメイドのできる旅行会社さんも発見しましたが、大阪か東京にしか会社がなくメール・電話での相談となるため、やめました。
 
その他
◎今回の旅行で印象に残ったこと:
・サントリーニ島の夕日

 


◎お気づきの点:
・パスタが重い
→サントリーニ島までにお土産を買ってしまいたかったので、2日目までのローマでお土産のほとんどを買いました。かわいいパスタが多いので、たくさん買いすぎてしまいLCCに乗るときに大変でした。
・サントリーニ島往復の航空会社がLCCで、預ける荷物の重量制限が20kgと知らなかったので、少し焦りました。
・今回、ローマ、ベネチア、サントリーニ島の3か所を巡りましたが、提案頂いた順番で良かったです。ローマ、ベネチアは見る場所が多く少し疲れましたが、サントリーニ島でゆっくりでき、観光と休息とのバランスが良かったです。


◎おすすめのスポット:
・イータリー(テルミニ駅近くのスーパー)
→種類も多く、程よい価格でたくさん買いました。
・フォロ・ロマーノ、ピンチョの丘
→ローマを一望できました。
・バチカン博物館のツアー
→日本語ガイドさんの説明が丁寧で非常に勉強になりました。
・Oia Castleからの夕日
→先頭で見るためには、日没3時間前を目安に場所取りが必要です。贅沢な時間の使い方をしましたが本当に素晴らしかったです。2泊の内、1日は部屋からサンセットを観ました。ホテルも最高でした!
・Sunset in AMMOUDI(サントリーニ島のレストラン)
→海辺近くにあり、綺麗な海を眺めながら食事ができ、料理もおいしかったです。イアの町から坂道を20分ほど下ったところにありました。帰りは、ドンキー(ロバ)に乗り、二重で楽しめました。
 
サントリーニ島でのフォトツアーは、ネットでも発見できたのですが、それなりに値段もしたので依頼はしませんでした。代わりに、フィアでギリシャスタイルの真っ白のワンピースを購入し、なんちゃってロケーションフォトを撮りました。

 

 

コットン製品が名産らしくいたるところにワンピースは売っていて、店員さんと話し、お気に入りを見つける時間も楽しめました。お金はかけられないけど写真は撮りたいという方におすすめです!
 
最後に、本当に素晴らしい旅行を提案頂きありがとうございました。
添乗員さんのいない旅行は不安もありましたが、不安なことは事前に浅菜さんに聞いていたので、問題なく旅行を楽しめました。
また、機会がございましたらJSTさんにお願いしたいと思います。
 
幸坂様ご夫妻

 

2018.05.24 Thursday

北欧への新婚旅行 スウェーデン〜フィンランド

海外旅行経験が少なく、とても不安でしたがいろいろと相談に乗って頂き要望も叶えてくださり、無事にストックホルム、ヴィスビー、ヘルシンキへ行き、とても思い出に残る旅になりました。

ストックホルム4泊、ヘルシンキ3泊で用意頂いたホテルはどちらもとても雰囲気が良く、朝食も美味しく、エレベーターがどちらも特徴的で印象的でした。

 

 
ストックホルムのクラリオンサインホテルは4つのエレベーターがそれぞれ特徴的な音楽が流れます。1つはPOP。

 


 
ヘルシンキのセウラフオネホテルはとても古いホテル。エレベーターも古いもので、内扉がなく、ドアが閉まった瞬間に動き出し、ドアは木造で手動で動かすものでした。

ストックホルムは町並みがとても綺麗でした。

 

 
空港〜中央駅間の特急アーランダエクスプレス。列車もホームもオシャレでした♪


オプションツアーのおかげで、とても自分達では行けないような方の綺麗な町並みも見られて満足でした。

 

 

上:老人ホーム、下:キリン模様のクレーン、建造物にこだわりがあり遊び心があって楽しいです。

 

 

 

特にお気に入りは旧市街のガムラスタン。
一番細い路地は二人通るのがギリギリ。

 


ストックホルム市立図書館も行きましたが、圧巻でした。

図書館への道中など、困っていると声をかけてくれる人も多く温和な人が多い印象で過ごし易かったです。


魔女の宅急便のモデルと言われるヴィスビーは、古い町並みでありながら、内装が近代的なところもありました。

 


 
田舎町のような感じで、観光客もいましたが平日だったためか人も少なくゆっくり回れました。
レストランがあまり開いていませんでしたが、たまたま見かけたイタリア料理店はビュッフェでとてもおいしかったです。


ヘルシンキは中央駅周辺が繁華街で、ほとんどそのエリアやオプションツアーで行ったお店での買い物を楽しんで過ごしました。

 

 

 

ショッピングモールの買い物やムーミンカフェ、ハカニエミのマーケット、アカデミア書店、かもめ食堂に行けました。

 

 
かもめ食堂には日本人のお客さんが多く、街中でも日本語が聞こえる事があり、訪れた街の中で一番日本人が多いと感じました。

ムーミンやマリメッコもほとんど興味を持っていませんでしたが、現地で見ると可愛らしくてついつい見て、買ってしまいました。
ムーミンショップは行く度に爆買いしました笑

英語が通じる事がほとんどで、簡単な会話は何とか意思疎通することもでき、とても満足に楽しみ、充実した時間を過ごすことができました。

ぜひまた訪れたいと思える場所ばかりでした。

本当にありがとうございました!!

 

恩田様ご夫妻

 

2018.02.13 Tuesday

ドイツ&スペイン&イタリア夢の3ケ国大周遊ハネムーン

今回の旅行の手配ありがとうございました。本当に良い新婚旅行で、たくさんの思い出ができました。
 
☆ドイツ
・ノイシュヴァンシュタイン城
電車も問題なく乗り継ぐことができ無事に行くことができました。山頂までは結局歩きました。お城の中は想像以上に素敵で、ルートヴィヒの芸術やこだわりを肌で感じることができてすごく良かったです。

 


 
・ニュルンベルクのクリスマスマーケット
雰囲気がよく、会場内がとても綺麗で歩いているだけで心が踊りました。グリューワインやニュルンベルクソーセージを挟んだパンはとても美味しく、可愛い置物も購入できて大満足でした。

 

 


 
・ホーフブロイハウス
人がすごくたくさんいる中、なんとか相席でテーブルに座れて本場のビアとソーセージと雰囲気を楽しめてとても楽しかったです。
 


☆スペイン
・サグラダファミリア
旅行の中でいろいろな建物を見ましたが、その中で一番感動したのはサグラダファミリアです。ガウデイの建築センスに終始圧倒され、テレビや写真では分からなかった実物ならではの素晴らしさを実感することができました!

 


 
・料理とスペイン人
スペイン料理はタパスやパエリアを堪能しましたがどれもすごく美味しくてびっくりでした。
またスペインの人々はみんな親切で、ホテルではシャンパンのサービスがあったり、日本に来たことがあるというマダムに写真を撮ってもらったりもしました。

 


 
・ボケリア市場
とても残念ながら12/25,26はクリスマス休暇で市場は開いてませんでした(;_;) 旅の中でこれだけは唯一残念だったのですが、またスペインに来たいというモチベーションが出来て良かったと考えます(笑)
 
☆イタリア
・バチカン美術館
現地スタッフの解説がとても分かりやすくイタリアの歴史や芸術にとても興味を抱くようになりました。最後の審判も壮大で素晴らしく、感動しました。

 

 
・コロッセオ
チケット売り場は混んでいましたが、朝早くに行ったためスムーズに中に入ることができました。日本語ガイドも借りて、当時の話を聞きながら回りました。ここで凄まじい戦いがあったんだと思うと複雑な思いもありましたが、その建物が未だに残っていることはすごいことだなと思いました。

 


 
・ローマの料理
オスタリア・ロマーナというカルボナーラが有名なお店に行きました。カルボナーラはとても濃厚で美味しく、またそこで食べたフィットチーネは今までに食べたことのない麺のもちもち感に感動しました。ここのパスタはなかなか日本では食べることのできない味だと感じました。

 


PIZZERIA REMOというピザ屋さんにも行きました。ローマのピザは薄い生地が特徴だそうで、ここではパリパリのピザを食べました。1枚が大きく食べ応えもありとても美味しかったです。

 


また、ジェラートやティラミスも食べましたが、どれを食べても美味しくて幸せでした。

 

金山様ご夫妻
 
 
 

2017.12.08 Friday

イタリア アマルフィ 挙式&ハネムーン

挙式&新婚旅行でイタリアに行ってきました。
憧れのアマルフィでの挙式とフォトツアーは、一生の思い出になりました。
挙式をした教会に参拝に来ていた地元の人たちや街の人たちも祝福してくれ、とっても幸せな時間でした。

 

 


お衣裳、お小物などはロストバゲージが怖く全て機内持ち込みをしたので大変でしたが、そんな大変さを忘れるくらい、全てが満足です。素敵なドレスショップも紹介していただき、挙式へのモチベーションも上がりました。

 

 


  
挙式前日と当日は、小塚さんにお勧めしていただいたホテルSanta Caterinaに宿泊。
フォトツアーはホテルでも撮影をしてくれるのですが、とっても素敵な写真が撮ることができました。
おすすめしていただき、ありがとうございました^^

 

 

 


 
 
また、アマルフィの食事は、どこも美味しく、食いしん坊の私たちにはぴったり。
特に、Da Gemmaはお勧めです。

 


ホテルSanta Caterinaの朝食も最高です!
挙式翌日は青い海を眺めながら、朝からシャンパンをいただきました☆

 


 
その後、ローマに帰る途中、ナポリで列車を途中下車してダ ミケーレにピザを食べに行きました。
本場のピザは顔くらいの大きさで、値段も500円くらいととってもリーズナブルで美味しいです。

 


私たちは、早めに行ったので待ち時間はありませんでしたが、
お店を出る頃には長蛇の列になっていたので、早め(11時台)に行くことをお勧めします。
 
ローマでは、定番の観光もしました。遺跡巡りをしたり、真実の口を見に行ったり。
幼い頃にローマには旅行したことがあったのですが、やはりその頃とは感激が違いました。
 
それとローマでももちろん食。
テスタッチョ市場では、Mordi e Vaiでパニーニ(彼はこの旅一番のお気に入り!)を食べたり、マクロビ食のようなものを食べたり・・・

 


 
ローマっ子に話題のレストランRistorante Roscioli(大人気店なので予約必須)でカルボナーラとブッラータチーズを☆

 


 
なんだか食レポみたいになってしまいましたが、とっても楽しく、幸せな旅でした。
  
小塚さん、ありがとうございました。

 

F様ご夫妻
 

2017.11.17 Friday

ハネムーンで憧れの地スペインへ

挙式&ハネムーンで訪れたスペイン14日間は本当に充実していて、あっという間の14日間でした。

バルセロナ、ビルバオ、サンセバスチャン、グラナダ、マラガ、ミハス、ジブラルタル、マドリッドと多くの都市を周遊しました。
まず、最初の都市バルセロナでは、絶対に外せないサグラダファミリアとグエル公園は日本でチケット予約して行きました。サグラダファミリアは、見た瞬間自然と涙が出てきてしまったくらい壮大で感動的でした。

 

 

内部は、ガウディが「太陽は最高の芸術」と言っていたとおり、太陽の光がステンドグラスから入り神秘的で美しく時間を忘れて見入ってしまいました。生誕のファサード側の塔へのチケットを購入していましたが、当日は登ることができなかったことが唯一残念です。(でも後日その分は返金されました!)
その後、タクシーでグエル公園へ移動。グエル公園も芸術的でした。

 

 

あとは、カサミラ、カサバトリョの見学という、ガウディ巡りの1日でした。

 

 

夜は、こちらも日本で予約したパラシオ・デル・フラメンコでショーを見ながらディナー。ショーの前にはフラメンコの歴史や楽しみ方などレクチャーがあり、ショーは迫力満点で楽しく情熱的なひと時が過ごせました。

 

 

別の日には、パワースポットと言われるバルセロナ郊外のモンセラットツアーへ。事前に観光ガイドで調べていましたが、想像以上で圧倒されました。

 

 

 

次の都市はビルバオです。バルセロナとは全く異なる近代的な町並みで観光客も少なく静かな印象です。

 

 

 

ずっと行きたかったグッゲンハイム美術館は美しく、1日いても飽きません。しかし、日本人観光客が少ないからか、日本語のオーディオガイドがなかったのは残念でした。その後、ビルバオ郊外の世界遺産ビスカヤ橋へ。

 

 

エレベーターで昇り、橋を歩いて渡ることができますが、高さは45m!景色は綺麗でしたが、風が強く怖くてすぐに降りてしまいました。

 

そして、いよいよお楽しみの都市サンセバスチャン。美食の街ということで、事前にリサーチしてバルを4件ほどハシゴ。どこのバルも噂通り美味しく、活気があり、店員さんや他の国のお客さんとのフレンドリーなコミュニケーションも楽しく良い経験になりました。

 

 

 

 

ここで帰国する両親を見送り、私たちは世界遺産があるグラナダへ移動。

 

 

アルハンブラ宮殿も日本でチケットを予約していきました。建物の壁にデザインされているアラビア文字を始め、庭園も全て芸術的でした。

 

 

とにかく広すぎて、見学を断念した場所もあるので、もっと下調べしてまたぜひ訪れたいです。

 

次は、レンタカーを借りてマラガへ。マラガへは、ミハスとジブラルタル目的だったので観光はしていませんが、ずっと続くビーチが美しい街でした。


ミハスは、白い村で有名ですが、街並みが可愛いのはもちろん、白い家には実際に人が住んでいるので、生活感も感じることができて小ぢんまりした温かな村でした。

 

 

 

その翌日は、マラガからレンタカーで1時間半走り、車で国境を越えるというドキドキの体験を経てジブラルタルへ。最初は断念しようと思っていましたが、ここまで来て本当によかった!ジブラルタル空港の滑走路を車で走るという面白い経験の後、英語とスペイン語が入り交じる街を通り過ぎ、ロープウェーでザ・ロックへ。想像をはるかに超える絶景は一見の価値ありです。

 

 

ただし、猿が観光客の持ち物を狙っているのでそれだけは要注意です。

 

最後の都市はマドリッドです。マラガから高速列車アヴェで3時間。今までの移動は飛行機、レンタカーなどでしたが、アヴェもオススメです。ゆったりしたシートで、車内食まで提供されて、優雅な時間を過ごせました。マドリッドでも観光をしたかったのですが、お土産の調達で時間がなかったので、次回行く機会があれば、マドリッドの街歩きをもっとしたいと思っています。

 

これだけの都市を巡りましたが、まだまだ見足りない!と思うほど、スペインはとにかくステキな場所でした。料理やお酒がおいしいのも魅力の一つです。また絶対に行きたい国です。
こんなに素晴らしいハネムーンをアレンジしてくださった、JSTの皆様、担当の小塚さん、改めてありがとうございました!!

 

VIEIRA様・中村様ご夫妻

 

Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Others
Mobile
qrcode
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM