JST お客様の旅行体験談

JST【トップページ】に戻る                    
2019.09.10 Tuesday

【コンチキツアー】 ウエスタン・クエスト

とにかく「濃い」。そんな一週間でした。僕が参加したのはイギリス、ロンドンから始まりフランス、スペインと回る8日間のコース。

 


ヨーロッパを周遊するツアーと比べてこのツアーは日数も少なめで、訪問する国も3ヶ国と少なめ。一見物足りないと思うかもしれません。でも実際はそんなことありませんでした。
友達できるかななんて思いながら前日にはプレミーティングに参加。そこでいきなり壁にぶつかりました。なんとかなるだろうと思っていたら思っていた以上にほかの人の話す英語が速かったのです。そして英語の速さに翻弄されているうちに自分の頭が混乱してきたのか、何を話せばいいんだろう、どうやって話を広げればいいんだろうと思い始めその日はうまく周りの人と話すことができませんでした。このまま友達出来ずに終わるのかななんて思いました。それでも切り替えていくしかないと思い、ツアーが始まる翌日は朝から人を見つけるたびに話しかけに行きました。すると前日の不安は嘘のように払しょくされました。海外の人はみんなフレンドリーで初めましてだろうがなんだろうが話しかけてくれたらみんな笑顔で返してくれました。ツアー参加者は自分以外全員英語が第一言語。僕は唯一アジアから来た人でした。僕の英語は間違いなく参加者のなかで一番下手。それでも変な顔一つせず反応してくれたことが僕にとってはとてもうれしく、いつの間にかツアーを楽しんでいる自分がいました。相変わらず英語のスピードについていくのに精いっぱいではありましたがみんなと行動を共にし、観光地を巡ることが楽しく、英語のことはあまり気にしなくなりました。

 


今回のツアー参加者は50人いないくらい。その中で日本人、アジア人は自分一人。その中でいろいろな国の人と毎日朝から晩まで共にするなんて日本にいたらできません。普通の海外旅行や留学とも違います。こんな経験できる人はそうそういません。毎日経験することが新鮮すぎて終わってみればあっという間でしたが今までで一番濃い1週間だったと思います。

 

【持っていったほうがよかったもの】
現金。何人かでご飯を食べに行くときは大抵割り勘です。海外の人は容赦なく昼でもワインを飲むので昼でも2000円はあったほうがいいです。それプラス現金でしか使えない店があったり、ツアードライバーへのチップがあったりと何かと現金が必要です。かといってヨーロッパはスリも多いので現地で現金を下ろせるカードなどがあると便利です!

 

【これから行く人へのアドバイス】
とりあえず自分から話しかけること!留学とかボランティアとは違って自分の状況を理解してくれている人や、自分を必要としてくれているわけではないので、自分から行かないと1人になるので注意。

 

M.Y様(大学生)

 

2019.09.06 Friday

モルディブ 夢の水上コテージ巡り

新婚旅行で選んだのはモルディブ、素敵なリゾートがたくさんあり過ぎて迷いました。
その中で今回は南マーレの「ジュメイラヴィッタヴェリ」とバア環礁にある「デュシタニ」に宿泊しました。


行きの機内ではサプライズのハネムーンケーキ!クマのぬいぐるみ付です。

 

 

【機内にて。祝ハネムーン】


シンガポール航空の乗務員さんにはとても親切にしてもらえました。


ジュメイラの水上コテージはハンモックに囲まれていてハンモックの上に横になると海に浮かんでいる気分です。海の透明度も最高です。

 

【ハネムーンベッドデコレーション】

 

 

 

【ジュメイラのハンモックの上で】

 

【水中の2ショット】

 

【とっておきの一枚】


2つめのリゾートはデュシタニ、水上飛行機でリゾートに入ります。
お部屋も食事も素晴らしかったです。
シュノーケリングではカメやたくさんの魚たちと泳ぎました。

 

【デュシタニの水上コテージ】

 

 


最終日の夜にはビーチにプライベートなテーブルをセットしてもらいロマンチックディナーを。

 

 

【南国フルーツの盛り合わせ】

 

【デュシタニのインフィニティプール】


どちらのリゾートも甲乙つけがたく忘れられない素敵なハネムーンになりました。

 

牧様ご夫妻
 

2019.09.03 Tuesday

【コンチキツアー】 ヨーロピアン・マジック

地球上の様々な場所で、人種も国籍も違う、それぞれ異なる人生を歩んでいる人達が、9日間だけヨーロッパに集まって、一緒に旅行を楽しむという「奇跡」のような時間を過ごすことができ、私にとって一生忘れられない思い出になりました。ヨーロッパの絵画のような美しい風景、本場の味の美味しい料理、海外ならではのノリを楽しむことができ、更に世界中に友達を作ることができ、コンチキツアーに参加して、本当に良かったです!
私が参加した回は日本人が一人だけで最初は不安したが、ツアーのメンバーは多様性を好む人達ばかりなので、非常に歓迎してもらえました。
旅行から帰った今も、たとえ遠く離れたところに住んでいたとしても、あの素晴らしい思い出で繋がっていると思うと、元気が出てきます。
たくさんの出会い・学びに恵まれたこのツアーは本当にオススメです!

ジェイエスティ様の方でこの旅行を扱っていなかったら、コンチキツアーについて知ることはなかったと思います。インターネットで世界中の情報が瞬時に手に入るようになったとは言え、自分ひとりであれば、聞いたことのない海外の会社のツアーを見つけ出し、更にそれに参加することはまず考えられないと思います。コンチキツアーのような素晴らしいツアーを日本人に紹介し、私のようなごくごく普通の日本人に世界とつながる感動や、日常生活では決して経験できない異文化体験を提供していただいることは、本当にありがたいとことで、非常に素晴らしいお仕事だと思います。
大変お世話になりました。

 

【持っていった方がよかったもの】
日本のお菓子。車内での自己紹介の後に、配ったところ好評でした。
あらかじめ交換した外貨。ATMや両替所に寄っている時間があまりありませんでした。
 
【これから行く人へのアドバイス】
参加する回のフェイスブックのグループに参加しておくと、行く前から情報が得られます。
日本のことに興味を持ってくれる人が多いので、日本食やアニメについて少し知っておくと、話のネタに良いと思います。
また、逆に参加者の多いアメリカ、カナダ、オーストラリアなどで流行っている映画、音楽、主要な地名、有名な観光地について、
勉強しておくと相手が喜んでくれると思います。カラオケに行くことがあるかも知れないので、英語で歌える曲を準備していくと良いです。(カラオケは日本発祥だよね?と誘われるかも知れません)

〇 お気に入りの写真:

 


オーストリア・インスブルックの展望台から

 


スイス・ルツェルンのライオン前

 

 


フランス・パリのキャバレーショー(2)

 


フランス・ルーブル美術館で

 

H.N様

 

2019.09.02 Monday

イタリア旅行(サルディーニャ島,フィレンツェ,ローマ)

 

このたびジェイエスティさんに,キャセイパシフィック航空とアリタリア航空のチケットを手配していただき,8月1日から15日までの2週間,イタリアのサルディーニャ島,フィレンツェ,ローマへ行ってきました。
1994年8月にシチリア島へは行ったことはありますが,以前からサルディーニャ島へも行ってみたいと思っていました。昨年ドイツへ行ったとき,ドイツ人の友人にサルディーニャ島のことを聞きましたら,  ” Sehr gut!! ” とのことでした。ですから今回,サルディーニャ島行きが実現しました。
8月1日16時10分に中部国際空港を出発し,ホンコンで乗り換え,2時間30分遅れて,8月2日10時にローマへ着きました。さらにローマ空港で3時間待ち合わせて,サルディーニャ島のカリアリ行きのアリタリア航空に乗りました。

 

14時20分にカリアリに到着しました。全部で約29時間の長旅でした。

 

サルディーニャ島へはほとんどの日本人は旅行しませんが,州都のカリアリという名前は,たぶんサッカーファンの方ならご存知だと思います。カリアリというサッカーチームがあります。カリアリの旧市街地の建物は丘にへばりつくように建っています。

 

高台からはカリアリの町や港を一望できます。この写真はサルディーニャ島旅行中に出会った唯一の日本人観光客に撮っていただきました。それ以来,8日間日本語会話はなしでした。


 

大聖堂です。

 

高台で出会った美女2人に写真と撮らせて欲しいとお願いしたら,快くモデルになってくださいました。

 

カリアリに到着した日の夕食で食べたムール貝のパスタです。白ワインと一緒に食べました。おいしかったです。

 

旧市街地のはずれには古代円形競技場があります。

 

8月4日,ローカル列車でカリアリからオリスターノへ行きました。

 

オリスターノの大聖堂

 

聖Chiara教会

 

Portixeddaの塔

 

Rome広場

 

宿泊したオリスターノのペンションです。ペンションの年配のご夫妻はほとんど英語を話せませんが,とても親切でした。ぼくは知っている限りのイタリア語で話しました。1泊50Euroでした。

 

8月5日,列車でオリスターノからマコメールのへ行きました。
サルディーニャ島全域にはヌラーゲ (nuraghe) とよばれる巨大な建造物があります。大きな石を塔のような形状に積み上げて作られています。紀元前2,000年頃から、カルタゴに征服された紀元前550年頃まで作られていました。島内では7,000ほどのヌラーゲが残っています。列車の窓からも見られます マコメールのヌラーゲです。荒涼とした丘陵にヌラーゲが建っています。

 

 

8月6日,列車でマコメールからサッサリへ行きました。途中,富士山のような山を見ることができました。

 

サッサリはサルディーニャ島で第2の都市です。旧市街地にはオシャレなカフェがあります。


サッサリ大聖堂

 

ローマ広場前の県庁

 

中学生くらいの子供たち。 “ Tutti per favore ” と言って,写真を撮らせてくださいとお願いしたら,OKでした。あとでデジカメの写真を見せたら” Bouno!! “ とのことでした。

 

サッサリ滞在中,夕食で食べたピザです。イタリアのピザは本当に大きくて,おいしいです。


8月8日,バスでアルゲーロへ行きました。下車したアルゲーロのバス停からホテルまでの道がわからず,バスの職員や通りがかりの人に道を教えてもらい,何とかホテルにたどりつきました。
アルゲーロは現在も城壁が町を取り囲んでいます。また海水浴場があり,ヨーロッパ各国から観光客が訪れます。フランス語,英語,ドイツ語が聞こえてきます。日本人は誰にも会いません。

 

 

ヨットハーヴァーがあり,たくさんのヨットが停泊しています。

 

午後はアルゲーロ湾内のクルーズに参加しました。船からはまるで絵にかいたようなアルゲーロの町が見えました。


船はやがてCaccia岬に着きました。奇岩が素晴らしいです。

 

 

 

8月10日朝,ホテルを出発。予約してあったタクシーでアルゲーロ空港へ向かいました。8日間滞在したサルディーニャ島ともgood byeです。ローマまでは 飛行機で約1時間です。


 

12時45分にアルゲーロを出発しました。幸いにして窓側でしたので,窓からはアルゲーロの町が一望できました。

 

さらにフランスのコルシカ島も見えました。写真の上の方にコルシカ島が写っています。

 

ローマ到着後、列車でフィレンツェへ行きました。

 

サルディーニャ島では毎日イタリア料理ばかりでしたので,フィレンツェでは中華料理を食べました。


翌日サン・マルコ美術館を見学しました。フラ・アンジェリコの受胎告知を見みました。何回見ても感動的ですね。みごもった聖母マリアの不安げな顔が印象的です。天使が聖母マリアに精霊によって幼子をみごもったことを告げています。

 

このあと,ローマで2泊して,騒動のあったホンコン空港経由で8月15日に成田空港へ無事に戻ってきました。ホンコン発名古屋行きが台風10号のため欠航になり,成田空港行きに乗りました。


15日間の旅行でしたが,楽しく,有意義な旅行をすることができました。サルディーニャ島はまだまだ日本人にはあまり知られていませんが、ぜひお出かけください。島内は治安もよく,皆さん親切です。女性1人でも大丈夫です。
この旅行でお世話になったジェイエスティの藤原さん,坂田さん,恵実さんに感謝申しあげます。
 
浅野 高
 

 


 

 

2019.08.20 Tuesday

ワイキキサンセット&ハワイ島 ハネムーン

ハワイでは楽しい思い出が出来、有難うございました。

 


ハワイ島ではマウナケアの星空を観に行ったのですがあいにく天候が不良で、山麓まで下りてガイドの方が星空が見える場所を探してくれました。

 


ワイキキでは、JST所有のワイキキサンセット高層階夜景の美しい部屋に泊まってハワイの夜景を楽しみ、色々楽しむことができ良かったです。

 


たくさんの良い思い出ができたのも山田さんのお陰です。

 

 

 

 

 

中村様ご夫妻

2019.08.19 Monday

モルディブ&ドバイ オリジナルハネムーン

今後、もしかしてお役に立てることもあるかもしれないのでお伝えしておきますと、ラームは靴禁止ではなかったですが、裸足推奨でした。(島につくとすぐ、靴袋を渡されました。2日目の朝、私はビーチサンダルを履いて食事に行ったのですが、靴を履いている人はスタッフ含めて誰もいなかったです!!)

 


あと、ナイトシュノーケリングツアーに、別途料金払って(1人70ドルくらい?)参加したのですが、それが、とてもとても面白かったです!!夜の海は初めてだったのですが寝ている海亀や、活動的に出てきたタコを観ることができて、非常にエキサイティングな体験でした✨✨

海にあまり恐怖感のない方には、ぜひオススメしたいです⤴⤴


あとホテルから、海亀も観ることができました! 

 

 

ゆっくりビーチで本でも読もうと持っていったのに、実際はハネムーナー得点で無料のペアマッサージがあったり、ヨガ体験があったりで忙しすぎて、ずっとはしゃいでクタクタに・・ 笑
私はモルディブから帰るのが嫌すぎて辛かったです😭
彼もそうだったみたいです。

 

 


10日くらいモルディブにいたかったと言っていました(私もです💦💦ドバイで良い感じに暑さにやられて、疲れて帰りたくなりましたが 笑
ドバイはラッフルズホテルの朝食が最高でした(旅行中でダントツ1番美味しいご飯でした!日本のホテルより・・美味しすぎです😊でも、何よりモルディブが好きです 笑))

 


ラームは本当に天国だったので、早川さんに教えていただけてラッキーでした。本当にありがとうございました🙇

 

 

 


今後とも、旅行することがありましたら、よろしくお願いいたします😊
本当に、ありがとうございました✨✨

 

松田様ご夫妻

2019.08.01 Thursday

3世代ハワイ旅行

ハワイとっても楽しかったです!
私はイルカ大学で(10頭以上いたかな?)イルカが自分達の下を泳いでたのが見れた事(もう少し近かったら、もっとよかったけど(^o^;))、ウミガメのほんとに隣で泳げた事が一番嬉しかったです( ≧∀≦)ノ
娘と孫はクアロアでジュラシックパークのロケ地に感動してましたよ〜

 

 

 


ロイヤルハワイアンはもちろんステキ♡

 

 

アウラニももう1泊したかった〰️!ただ夕方や夜はお買い物するのに忙しくて、サンセットを全く見ていない事が悔やまれました( ;∀;)

 


山田さんのおかげで、楽しいハワイ旅行ができて感謝しています!ありがとうございました( v^-゜)♪

 

濱島様ファミリー

2019.07.30 Tuesday

ハイデルベルク城ウェディング

挙式&ハネムーンで6泊8日のドイツ旅に行ってきました!
挙式はハイデルベルク城でおこないました。

 

 

 

 


ハイデルベルクはフランクフルトやミュンヘンとは違い田舎街。
しかし、街並みは絵に描いたように綺麗で最高でした。

 


ハイデルベルクには2泊しましたが、ホテルの支配人のご厚意なのかお部屋をアップグレードしていただき、スイートルームに泊まることができました。
挙式当日はお部屋で準備を済ませ、挙式前にフォトツアーへ。

 

 

 

 

 

 

 


ハイデルベルクの街中で写真撮影を約4時間びっしりと。
カメラマンの合言葉は「スマイル、スマイル、スマイル」。
1500枚以上は撮ったでしょうか?挙式前でしたがすでにへとへとでした。(笑)
撮影中、走行中の車からクラクションが「プーーー!」。
日本ではあまり考えられませんが、ドイツでは知らない人の結婚式であってもすれ違う人はもちろん、走行中の車からも祝ってくれるのです。
そんなドイツの温かさに嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
挙式のときは修学旅行でハイデルベルク城に来ていた学生たちが祝ってくれ、写真も一緒に撮りました。

 


小塚さん、いろいろとお世話になりました。
本当に素敵な挙式&ハネムーンになりました。
ありがとうございました。

 

木暮様ご夫妻

2019.07.29 Monday

カンクン ハネムーン

無事、カンクンより戻ってまいりました。
おかげさまで、特にトラブルもなく天気にも恵まれ、とても楽しい旅行になりました!

グランセノーテでシュノーケリング、陽が差すとエメラルドグリーンの水中が更にキラキラして、とてもきれいでした。


 

チチェン・イツァ遺跡、想像以上に迫力があり、またツアーガイドさんのお話がとても面白く、マヤ文明の知識が全くなかった私たちでもとても興味を持てました。


 

 

イスラムへーレスには、自分たちでフェリーに乗っていきました。
実は、ホテル前のビーチには異常発生?した藻たちが流れ着いており、また波も高くて泳ぐことができなかったのですが、イスラムへーレスのビーチは藻もなく波も穏やかで、透明度も高くてきれいな海に入ることができました。

 

 


 

ピンクレイク、ほんとにピンクでした!
ガイドさん曰く、こんなにピンクが濃くてしかも水面に空が映りこむような状態はめったに見れないとのことで、ラッキーでした。


 

路線バスに乗ってダウンタウンにも行きました。
街はホテルゾーンとは違い、雑然とした感じでしたが、ローカル感があって楽しかったです。


 

そして、小塚さんにお薦めしていただいたハイアットジラーラのオールインクルーシブ、毎日好きなレストランで好きなだけ気兼ねなく食べれたのは最高でした。
お酒が飲めない私たちには、毎日出掛けてホテルに帰ってきたときにカフェラテとプチデザートをオーダーして、目の前に広がるカリブ海を眺めながらバルコニーでのんびりするのが、ちょっとした贅沢でした。

 

 

 

新婚旅行の行き先を検討するにあたって、タヒチ、ニューカレドニアなど他のリゾート地も考えましたが、カンクンは周辺に見所も多く、観光やアクティビティも楽しめたのがよかったです。
ただ、色々やりたいことが多過ぎて、ホテルでゆっくり過ごす時間が短くなってしまったのは残念でしたが。

またこれからも夫婦でたくさん旅行に行きたいと思いますので、また是非小塚さんに相談させていただいたきと思います。
ありがとうございました!

 

宇佐美様ご夫妻

2019.07.23 Tuesday

イギリス家族旅行

6日間でイギリスのロンドン、バーミンガム、ヒンクリーに家族旅行で行ってきました!

まず一日目に現地ツアーを利用してコッツウォルズへ行きました。
いくつかの村をバランスよくまわってくれて、美しい田舎風景を見ることができました。
 

 


二日目にロンドン観光をしました。
大英博物館でのマンガ展を目当てに行きました。他にもナショナルギャラリー、シャーロックホームズというパブ、トラファルガー広場、東インド会社などにも行きました。
東インド会社は教科書にも出てきて有名なので、お土産としてもネタになりますし、紅茶やチョコレートはとても質が良くてパッケージもおしゃれなので、ロンドンに行く際はぜひ立ち寄ってみてください。
 

 

 


 

その日のうちにヴァージントレインでバーミンガムへ行きました。一等車を予約してもらったので、乗車前に駅にあるラウンジを使用できたり、静かな社内で食事やお菓子のサービスがありました。


三日目にヒンクリーという観光地でもなんでもない田舎に行きました。その目的は、トライアンフというバイクメーカーのビジターセンターに行くことです。
レンタカーを借りてバーミンガムから40分ほどで行きました。道路は左側通行で、田舎でしたので交通量も少なく、特に問題なく運転できました。

 

 


  

また、ヒンクリーでアフタヌーンティーを飲みました。観光客が珍しいのか、店の方がかなり私たちに興味を示してくれて、紅茶の飲み方を教えてくれたり、「満足してる?お湯足そうか?写真撮ってあげようか?」と声をかけてくれてとても嬉しかったです。

 

 


  

また、イギリス国立バイク博物館へも行きました。多くのバイクが展示されていて、とても楽しかったです。

 

 


  

JSTの藤原さんには今回の旅行のほとんどを手配していただきました。行きはロンドン着で帰りはバーミンガム発という日程だったり、レンタカーや列車、ホテルの立地など多くのことを調整していただきました。たくさんの質問にも丁寧に答えていただきました。
本当に楽しい旅行になりました。ありがとうございました!

 

舟橋様ファミリー

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Others
Mobile
qrcode
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM